ルーキーリーグ大会規定

ルーキーリーグ大会規定 (赤字部分は5/10総会を経て2015年大会から変更す る事項)

  1. 船橋市、市川市、習志野市、八千代市、浦安市、鎌ヶ谷市、千葉市の一部に所属する単独チームで3年生以下を対象とする。ただし、少人数同士の 連合チームは可。○○連合と明記のこと。
  2. バッテリー間14m、塁間21mとする。
  3. 試合は5回、時間は75分。時間優先であるが、後攻が負けている場合は当該回裏 の攻撃を続行すること。
  4. 1イニング15点で攻守交代する。(点差に関わらず項目3を優先する。尚、15 点目がパスボールなどによる得点で、その時点の打者の打席が未確定の場合、次の回の先頭打者とする。)コールドゲームはなし。
  5. 試合球は軟式公認C球(いわゆるトップボール)、各チーム2個提出。ニューボー ルでなくとも可。
  6. ボークはとらないが、審判はボークを認識した時点でプレーを中断し、ボーク前か らゲームを再開する。投手は9アウトで交代のこと。(サドンデス回も含む。)
  7. 投球練習球数は、初回5球、次回以降3球とする。交代投手も5球。
  8. 振り逃げなし。主審は、「三振」「フォアボール」を打者に伝えてあげる。
  9. 打者は必ずヘルメット着用のこと。捕手はヘルメットとプロテクタ着用、レガース は自由。
  10. ユニホーム着用の義務は強制しないが、帽子と背番号は着用すること。
  11. 必ずスポーツ保険に加入すること。危険なプレーは厳禁。
  12. 審判は両チームより2名ずつ出し合い、主審は話し合いで決める。
  13. 選手登録は不要。ただしメンバー表は試合前に交換、用紙は自由。
  14. 選手および審判は試合開始予定時刻の1時間前に集合して試合開始に備えること。
  15. 塁コーチャーは大人でも可(大人・選手ペアも可)。 なるべくユニホーム着用のこと。大人のコーチャーの場合、威嚇的な言動はつつしむこと。
  16. 時間優先であるが同点の場合、サドンデス1回(1アウト満塁3番打者から攻撃開 始。ただし、ベンチに下がった選手の復活は認めない)を行い勝 敗を決する。前記で決しない場合は監督同士の対決(3回じゃんけん等)によ り決すること。
  17. 最終順位は、勝利数の多いチームを上位とする。同じ場合は相対するチームに勝ったチームを上位とする。前記で決しない場合は、当該チーム間の 総得失点の差が大きい方を上位とする。(サドンデス回での得失点は含めない)
  18. 勝利チームは、結果を当日中にルー キーリーグ大会連絡用BBSに入力すること。
  19. 複合素材による、いわゆる「飛ぶバット」は使用禁止。(本項 削除)
  19. 上記以外は公認野球規則を適用する。(前項削除により項番変更)
【決勝トーナメントでの適用】